新規の血管発芽シグナルを標的とした癌治療法の開発

木戸屋浩康
(大阪大学 微生物病研究所 助教)

2016年3月23日水曜日

下半期を振り返って


3月も中旬を過ぎ、今年度も終わりに近づいてきました。
10月からすっかりブログを更新できずにいましたが、
これからの1週間で本年度の活動を振り返ってブログに書いていきたいと思います。
また、最後に本助成による研究成果についても簡単にまとめて報告致します。


本年度の下半期の主な活動は以下になります。

9月8日~10日 ベルギーでの学会(VIB conference)に参加
12月1日~4日 分子生物学会(BMB2015)での成果発表
12月10日~12日 日本血管生物医学会での成果発表
1月29日 研究所での業績発表
2月21日 京都マラソン(研究とは直接関係ありませんが)
2月22日 新学術領域「血管と神経」成果公開シンポジウム
3月4~5日 第二回血管生物若手研究会の開催
3月11日 日本薬理学会での講演

明日から一つずつ書いていきますので、宜しくお願いします。

2 件のコメント:

  1. 木戸屋先生
    財団の中原です。ご無沙汰しております。
    ご丁寧に報告の予定を記述して頂きありがとうございます。財団からの助成金は他の研究助成金に比べてわずかなものだったのですが、少しでもお役に立てたのなら幸いですし、我々としては、科学技術の研究に対して若い世代にたっぷりと時間をかけて10月にセミナーを行なってくれた事に対して改めて感謝したいと思います。熱い気持ちが十分にバトンタッチ出来たと
    思います。
    今後共よろしくお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. 更新が滞って申し訳ありません。
      助成して頂いたお金は大切に使わせて頂いておりますし、その成果となる研究活動を報告する義務があると思っています。
      多くの人達に研究への理解を深めて頂くことは、我々研究者にとって大切なことですので、若い世代に少しでも伝われば嬉しいです。

      削除