新規の血管発芽シグナルを標的とした癌治療法の開発

木戸屋浩康
(大阪大学 微生物病研究所 助教)

2016年3月30日水曜日

第二回血管生物若手研究会の開催(2016年3月4~5日)

先日のブログにも書きましたが、私は有志と共に血管生物若手研究会を2015年に立ち上げ、今年(2016年)は3月4~5日に仙台にて第二回目の会を行いました。
今回も全国から多数の若手研究者に参加して頂き、2日間にわたってレベルの高い発表と議論が交わされました。

研究会を立ち上げた詳細な経緯は、ちょうど来月(4月20日)に発行の実験医学5月号に記事が掲載されるのですが、簡単に説明すると、前回のブログに書いた班会議のような会を自分たちで開催したいという気持ちがきっかけでした。

来年も春頃に第三回目を開催する予定で計画を進めています。
血管の研究をしている方はもちろん、今後やってみたい方や興味がある方も、ぜひ参加をご検討頂ければと思います。

1 件のコメント:

  1. 班会議に参加して、インスパイアされ、イニシアチブを発揮するという、ポジティブなスピンですね。
    素晴らしい事だと思います。今後も応援します。
    お金ではなく、精神的に。。。ブログで会いましょう

    返信削除