新規の血管発芽シグナルを標的とした癌治療法の開発

木戸屋浩康
(大阪大学 微生物病研究所 助教)

2016年3月31日木曜日

2015年度の研究成果報告

この一週間で下半期の研究活動を記事にしましたが、最後に今年度の研究成果について報告したいと思います。


助成を頂いている研究の内容は「新規の血管発芽シグナルを標的とした癌治療法の開発」ということで、血管形成を阻害する新しい抗がん剤の開発を目標として研究を進めてきました。

がん組織が増大するためには、血管からの酸素や栄養分の供給が必要なため、がん組織の血管を減らすことで供給路を断つ「兵糧攻め」による治療法が提案されてきました。
この概念に基づき、血管新生阻害剤の開発が進められてきましたが、その効果は当初の期待には遙かに及ばないという残念な結果になっています。
しかしながら、がん組織に血管が必須であることは間違いないため、何らかの方法で治療効果が減弱していると考えられます。
私たちは、がん組織でどのように血管が出来ていくかを経時的に観察することによって、その理由を解明したいと考えています。


これまでの研究によって、生きた状態でがん組織の血管を観察できる遺伝子組換えマウスの作成に成功しました。
血管が赤色に光るマウスです(耳の血管)
このマウスを用いて、血管新生阻害剤を投与した場合にどのような変化が起きるか検討を進めており、これまでに考えられていなかった特殊な現象が起きている事を発見しました。
この現象を抑えることが出来れば、効果的ながん治療薬の開発に繋がるのではと考えています。
がんの血管の立体図です
研究途中のため、まだ詳細な記事を書けませんが、成果がまとまりましたらブログで紹介したいと思っています。


マウスに処置をしている様子です。
画期的な癌の治療法を開発するため日夜研究に励んでおりますので、引き続きご支援を頂きますよう、よろしくお願い致します。


1 件のコメント:

  1. 中原 利彦2016年4月11日 8:06

    木戸屋先生
    おおいに期待しております。今後共どうぞよろしく
    お願い致します。ブログも続けて下さい。

    返信削除