新規の血管発芽シグナルを標的とした癌治療法の開発

木戸屋浩康
(大阪大学 微生物病研究所 助教)

2015年9月1日火曜日

7月の報告-日本炎症・再生学会での発表

最後の7月の報告です。

7月21日~22日に東京で開催された日本炎症・再生学会に参加しました。
会場は虎ノ門ヒルズでした。
著名な先生方が数多く参加されている学会で、iPS細胞を用いた再生医療の現状や、幹細胞研究のトレンドなど、多くを学ぶことができました。

また、自身の発表では、臨床寄りの学会という事もあって、病気に関する質問を多く頂きました。
いつもと違った角度から自分の研究を見直す良い機会になりました。
研究が評価されて、優秀演題賞に選出して頂いたことは嬉しく思います。
学会長の坪田先生と記念撮影してもらいました。
9月も学会が続きますが、頑張ります!