新規の血管発芽シグナルを標的とした癌治療法の開発

木戸屋浩康
(大阪大学 微生物病研究所 助教)

2015年6月12日金曜日

論文の紹介

これも5月の話になりますが、これまで行っていた研究成果が論文として雑誌に掲載されました!

研究者にとって、実験結果をまとめて論文を完成させることは一つの目標であり、それを達成できることは嬉しいものです。
今回の論文は長年かけて研究を行った内容で、改めて誌面で論文を見ると感無量です。 
(原著論文も6月23日までこちらで見ることができます。)



内容は血管の動脈と静脈が、なぜ並走するのかを研究したものです。
恒温動物の動脈と静脈は、体の中できれいに並んで作られています。
このことは昔から知られていましたが、「どのように並走構造が作られるか」、「生理的にどのような意義があるのか」はこれまで謎でした。

今回の論文では、動脈と静脈の間で互いを「引きつける力」と「離れさせる力」の相反する力がバランス良く働くことで、動脈と静脈を並走させていることを解明しました。
また、並んでいる動脈と静脈は、体温の調整に働いている事を証明しました。

詳細な内容については「ライフサイエンス 新着論文レビュー」を、ぜひご連頂ければと思います。
また、疑問点など有りましたら、ご連絡やコメント欄に記入頂けましたらお答え致します。

2 件のコメント:

  1. おめでとうございます。
    早速、うちの学生がジャーナルクラブで紹介していました。
    ますますのご発展をお祈りしています。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます!
      ジャーナルクラブに使って頂けるのは嬉しいことですが、皆さんの反応が気になります。
      また今度、どのような意見が出たかなど、お聞かせください。

      削除